タイヤの損傷「ピンチカット」について

タイヤの損傷「ピンチカット」について

福井の中古タイヤホイール買取・販売カートレード21、スタッフその1ですヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

本日はタイヤ損傷の症状について少し書かせて頂きます。
ピンチカットという症状をご存知でしょうか?
ピンチカットは、タイヤ内部のコード層(カーカスコード)が損傷し部分的に切れている状態です。
側面ではこぶのように若干の盛り上がりが確認できます。

このまま走り続けるとバーストのおそれがありますが、
走行上乗り心地に異常が出ないため、気づかない方も多いようです。

IMG_0625

IMG_0629

ピンチカットが起る原因として以下が考えられます。
▶障害物への乗り上げの衝撃 ▶過積載による重量超過負荷 ▶空気圧が低い状態での走行
特に整備状態の悪い悪路や、雪道の走行後はピンチカットが起りやすいので、アウトドア好きは要注意です。

ピンチカットは修理ができないため、定期的にチェックし盛り上がりを見つけた場合は、すぐにタイヤの交換が必要です。

カートレード21は買取をさせて頂いたタイヤに異常がないかを細かくチェクし、問題が無いものだけを販売しています。
しかし、タイヤは経過年数に伴い徐々に変化して行きますので、
当然まだ新しいお車で、これから何シーズンも使用しようとお考えの場合には、新品タイヤをお勧めします。
逆にそろそろお車の入換えを考えている方や極端に外出の少ない場合等は、
今後どのくらいの期間使用するのかを基準に中古タイヤという選択もあると思います。
どちらにしても定期的な点検が大切です。おかしいなと感じたらすぐにご相談下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。