ブリヂストンのミニバン用サマータイヤラインアップ

タイヤを選ぶ時、まず確認するのはタイヤサイズ。
新車装着サイズを基準に選べば、概ね問題はありません。

そして、多くの人が次に確認するのはタイヤの性能でしょう。
同じサイズでも、シリーズによって性能・値段は異なります。
今回は、ブリヂストンのミニバン用サマータイヤラインアップを簡単にご紹介します。
(※参照:BRIDGESTONEタイヤカタログ2017Vol.2)

NEXTRY_logo
ネクストリー
基本性能を備えた、低燃費のベーシックタイヤ。

ウェット性能やドライ性能、乗り心地といった基本性能を確保しつつ、
ブリヂストンの先進技術ナノプロ・テックによって、
基本性能を犠牲にすることなく低燃費性能を併せ持つ、
豊富なサイズラインアップが特徴のベーシックなシリーズです。
【ブリヂストン性能評価イメージ】
低燃費性能……タイヤを転がりやすくする性能
直進安定性……ふらつきを抑え安定してまっすぐ走ろうとする性能
ドライ性能………乾いた路面でのブレーキ&コーナリング性能
ウェット性能……濡れた路面でのブレーキ&コーナリング性能
静粛性……………路面に接することで発生する音を抑える性能
乗り心地…………路面の凹凸による揺れや振動が車に伝わるのを抑える性能
ライフ性能……使用限度まで使える距離を長くする性能
blog_nextry
【低燃費タイヤラベル】
転がり抵抗性能とウェットグリップ性能を
日本自動車タイヤ協会のラベリング制度に基づき評価したものです。
転がり抵抗性能の等級がA以上で、
ウェットグリップ性能の等級がa~dの範囲内にあるタイヤは
「低燃費タイヤ」の統一マークが表記されます。
A_c

ECOPIA_logo
エコピア
濡れた路面での安全性と長く使える経済性を備えた、
ブリヂストンの新車装着タイヤです。

ミニバンは重心が比較的高い位置にあるため、
セダンやスポーツ系乗用車に比べ、ふらつきが大きくなります。
また、車体が大きく視野が確保しにくいため、側面の損傷が多く、
多人数乗車で車が重く、減りが早いのも特徴です。
エコピアシリーズの中でも、
ミニバン専用のECOPIA NH100 RVには
ふらつき抑制と高い耐摩耗性を併せ持つミニバン専用設計に加え、
タイヤ側面の損傷を軽減するサイドプロテクトが施されています。
blog_ecopia
AA_b

POTENZA_logo
ポテンザ Adrenalin RE003
高い操縦安定性と偏摩耗抑制を実現。
走る歓びを追求する方にお勧めです。

ポテンザにはエコピアのようにミニバン専用のモデルはありませんが、
モータースポーツ用タイヤの開発過程で生まれた波型デザインの採用で
高い排水性を確保し、耐ハイドロプレーニング性能にも配慮されています。
また、Adrenalin RE003専用コンパウンドの採用で、
ドライ路面でも高い操作安定性を発揮します。
スポーティーな走りを実現するためにパタン設計が最適化されたシリーズです。
blog_potenza
C_b_n

Playz_logo
プレイズ
ふらつきと偏摩耗抑制を実現。
運転中の疲れにくさを求める方にお勧めです。

Playz PX-RVはふらつきと偏摩耗を抑制するミニバン専用設計に加え、
ショルダー部の剛性を高めた設計で、
少ないハンドル操作で思い通りのハンドリングを実現しました。
すり減りにくいパワートレッドゴムの採用で、
ミニバン特有の偏摩耗にも配慮されています。
高い直進安定性とハンドル応答性で、
多人数乗車時や横風での運転も疲れにくいシリーズです。
blog_playz
A_b

REGNO_logo
レグノ
ハンドル応答性の高さと、静かな車内空間を実現。
ワンランク上の静かで快適な乗り心地を求める方にお勧めです。

REGNO GRV2はふらつきと偏摩耗を抑制したミニバン専用設計はもちろん、
ノイズ吸収シートや、ショルダー部のクッション効果、
接地時のノイズを低減するパタン設計で、
後席で大きくなるミニバン特有のノイズを低減しています。
高い静粛性と上質な走りを両立したシリーズです。
blog_regno
A_b

サイズが同じであれば、
ミニバン専用のタイヤを使用しなくても、
それほど大きな問題はありませんが、
セダン専用のREGNO GR-XIの方が、
ミニバン専用のREGNO GRV2より若干安かったからといって代用しても、
上位シリーズとしての高い性能が、
同じように発揮されるわけではありません。

ミニバンの特徴とタイヤの性能をしっかり理解して、
より自分のスタイルに合ったタイヤを、見つけてみてください(^_^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。